生活を彩る画材・雑貨
おすすめ商品
その他のページ
店主のコーナー
ピカソの時間
ちょっとした創作活動が、心を豊かにします。
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら
紙の歴史
西暦100年〜105年頃、中国の後漢和帝時代の祭倫によって発明完成されました。ボロ布や麻などの原料を臼で砕いて水で薄めて漉き上げる製法だったようです。
これが、シルクロードを経てヨーロッパに伝わり、洋紙の源になり、フランスで連続式抄紙機が発明されました。ドイツでは、印刷技術が発明されました。

★紙の原料★
植物を原料にし、その繊維を集めたものをパルプといい、以下の分類に分けられます。
*木材パルプ*
針葉樹(N材)繊維が長く強い紙になります。広葉樹(L材)繊維短く表面が平滑な紙になります。
*ラグパルプ*
綿の紡績から出る繊維-綿ボロを再利用したもの。風合い良く、耐久性の高い紙に仕上がります。
*リンターパルプ*

リネンパルプ、麻を原料にしたパルプ、繊維が長く耐久性がある。航空便箋、聖書用紙などに使われています。
*楮、三つまた、ガンピパルプ*
和紙の原料です。
*非木材パルプ*
環境に優しい木材パルプ以外から作られています。独特な風合いがあります。
○ケナフ
アオイ科の1年草、東南アジア、中国、アフリカ、カリブ海沿岸、アメリカ南部等で栽培。表面部分は針葉樹のように繊維が長く、中心部は広葉樹のように繊維が短いパルプです。
○バガズ
サトウキビからサトウを取ったカスから出来ています。風合い良く優しい手触りで、名刺、便箋等ファンシーな用途に使われています。
*古紙パルプ(再生パルプ)*

★水彩紙の特徴と条件★
1:紙面が均一で毛羽立ちが無く、繊維の絡み合いにムラが無く、適度な滲み止めが施されているものが良い。
滲み止めが強く絵の具をはじくようでしたら、水を含ませた刷毛等で紙の表面を濡らし、布で優しく拭き取りご使用下さい。
紙の水分の湿り具合で表現が変わります。湿っていますと絵の具が滲みます。淡い幻想的なイメージになります。
2:発色は、組成繊維の純度と表面の凸凹、滲み止めの強さに影響されます。
組成繊維は、漂白剤を使わず適度に晒された綿繊維、アルファーセルロースが多いものが上質です。
紙の目は、粗めの方が絵の具の落ち着きが良いので発色が良くなる傾向があります。
3:紙の表面が強く、強いタッチや重ね塗りにも耐える紙面強度の高さが大切です。
紙面は水を含むと伸び、乾燥後波打ちます。厚い紙ほど波打が少ないので、厚い紙をお勧めします。
4:水彩画は水を使いますので、防黴が施された保存性の良い中性紙が良いです。